おやっ?となるOYAの社員たち

Interview

なんだか気になる
太谷の社員を直撃インタビュー。
仕事に対する熱意や、社員それぞれが
「おやっ?」と言わせた瞬間を紹介します。

事務職

穴田 絵莉子

Anada Eriko

事務職

穴田 絵莉子

Anada Eriko

仕事内容を教えてください。

納品書作成などの書類作成、受注・出荷業務、電話応対、得意先との電話やメールでのやりとりなど営業アシスタント業務をしております。

仕事で喜びを感じた瞬間を教えて下さい。

事務職としてお客様から頂いたご注文は、間違えることなく届けることが当たり前です。ただ入社当時は失敗をしてしまい、悩んだ時期もありましたが、先輩たちの暖かいご指導のもと、後輩を教える立場になるまでがんばる事ができました。
商品が欠品中で、お客様の生産納期までに間に合わない困ったという状況に陥った時、別の仕入れ先でも同じ商品を取り扱いしている事を思い出し、何とかご希望の納期に間に合わせる事ができました。難しいと思っていた納期対応や、未然にミスを防ぐ事ができた時は今までの経験を活かせたなと、本当に充実した気持ちになりました。

最近、お客さまを驚かせた(おやっと言わせた)
ことを教えてください。

弊社では事務員同志の連携がしっかりとれていると思います。普段、お客様からきているいつもの注文内容と違うなと感じた時、お互い声をかけあうように心がけています。今までの経験や周りが感じた違和感をもとに、自分自身も「気が付く」ことで、お客様から「よく気が付いたね、ありがとう」とおやっと言わせることができ、感謝のお言葉を頂くことができました。

営業主任

吉野 徹

Yoshino Toru

営業主任

吉野 徹

Yoshino Toru

仕事内容を教えてください。

所属する第一事業部では主にアパレル繊維資材を扱っており、取引先は製品の企画会社~生産工場~物流倉庫に至るまで様々です。糸、アパレル付属品(裏地・芯地・ファスナー)、イングジェットプリンターなどの機械まで取引先によって求められる商品は違いますが、豊富なラインアップでもの作りをサポートしています。生産工程の川上から川下まで把握する弊社の広い視点で、近年はサステイナブルの流れに沿った商品とサービスを提案しています。

仕事で喜びを感じた瞬間を教えて下さい。

取引先から頂いたコスト削減・生産性・品質向上などのご相談を私からの提案で改善できた時です。取引先の利益に繋がった際に、「ありがとう」と声をかけて頂けるとやりがいや喜びを感じます。自信にもつながりモチベーションも向上します。

最近、お客さまを驚かせた(おやっと言わせた)
ことを教えてください。

弊社では取引先のニーズに合わせ、やる気があればどんな商品も取り扱える環境が整っております。品質が安定しないという理由から、工場内の湿度変化を嫌う取引先があったので、年間通じて工場環境を整える空調システムをメーカー様と組んで提案しました。その際はそんな事まで?とおやっと言わせることごできました。

営業事務

布 あかり

Nuno Akari

営業事務

布 あかり

Nuno Akari

仕事内容を教えてください。

営業事務として営業の方のアシスタントを中心に、伝票発行、お取引先へ資材を出荷するための梱包作業、電話対応や書類の作成などを担当しております。お客様と直接お会いする機会は少ないですが、電話やメールでの対応でお客様の声を聞くことにより、営業の方と相談し、お客様のニーズに合った商品を提供させていただいております。「お客様や営業の方の痒い所に手が届く存在になる」をモットーに、自分のやるべきことは何か、日々模索しております。

仕事で喜びを感じた瞬間を教えて下さい。

この仕事に携わらせていただいた中で一番喜びを感じた瞬間はお客様にご紹介させていただいた資材が採用された時です。私たちは時に、お客様からお電話などで直接「こういった資材がほしい」といったご要望をお伺いすることがあり、営業の方に相談する前にどの資材がお客様の要望に合っているか、何点か候補を調べ営業の方にお伝えします。
営業の方の判断で候補が採用された場合、そのままお客様へとお伝えするのですが、その時にお客様から「是非発注させていただきたい」と言われた時、自分の今まで勉強してきたことが報われていると実感することができます。
事務としてだけではなく、アシスタントとして、縁の下の力持ちが私にとっての喜びになっております。

最近、お客さまを驚かせた(おやっと言わせた)
ことを教えてください。

営業事務の仕事の一つにお客様の希望納期に資材を納品するといったものがございます。
資材の種類によって納期は変わってくるのですが、中には納品までに時間のかかる資材もございます。そういった資材の納期を仕入れ先と交渉し、早めてもらうのも営業事務の仕事になります。
納期短縮の交渉はなかなか難しいのですが、交渉が成立し、お客様にその旨をお伝えしますと、おやっと驚いていただけることが多いです。
特に海外への輸出系になりますと納期もタイトなものが多く、納期短縮し甲斐がございます。

営業

田中 祐貴

Tanaka Yuki

営業

田中 祐貴

Tanaka Yuki

仕事内容を教えてください。

担当である富山県で主に製造業様を対象に、製品を製造から出荷する際に使われる様々な機器・消耗品の営業を行っております。
ものづくりの現場で生じるお困りごとやご要望に、太谷の調達力と最適な商品選定でお応えし、お客様がより安心・安全・安定的で競争力のある生産・出荷体制を構築出来るようにサポート致します。

仕事で喜びを感じた瞬間を教えて下さい。

お客様との信頼関係を実感する時です。
当社の取り扱う商品は、単価数円にも満たないような消耗資材も多く、この数円の消耗品が正しく届かなければお客様の生産・出荷スケジュールに大きく影響しかねない、責任の伴う商材でもあります。
提携メーカーとお客様のコミュニケーションを密にし、適切な納期や性能、コストで商品を提供する。商社として最も基本的な務めを誠実に全うすることが、お客様からの信頼に繋がっていくのだと思います。
そうしたお付き合いの中で、新規のお引き合いや規模の大きな案件、よりコアな部分のご相談などを伺えた時、関係性の深まりを強く感じます。
「太谷の田中なら、きっといい提案をくれる。」そのような期待の表れなのではと、勝手ながらモチベーションにしています(笑)

最近、お客さまを驚かせた(おやっと言わせた)
ことを教えてください。

エコ資材や作業環境改善機器などのラインナップにはよく、おやっと驚かれます。
当社では営業社員それぞれが新商品の開拓に力を入れており、特に近年のキーワードである「エコロジー」「省人・省力化」には常にアンテナを張り巡らせております。プラスチック使用量削減や人件費削減、人手不足などのお悩み解決に、多角的にアプローチ出来る点が太谷の強みです。